リスクヘッジで買っとくべき最新仮想通貨情報
→https://line.me/R/ti/p/%40bry1886j
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
初心者でも仮想通貨で稼げる方法を限定公開中↓
https://valuclouds.net/l/u/Mok3dMOFMxA

↑ぜひ両方受け取ってください!↑

▼仮想通貨の暴落原因とその対策がよくわかる動画3選

暴落はいつ終わる?◆仮想通貨の相場不安定状態はG20まで?

ビットコイン◆次の大暴落!?対策とやるべきこと!仮想通貨

仮想通貨 初心者必見!【2018年1月16日~17日に起こった暴落の理由と今後の対策を公開!】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年仮想通貨暴落の原因と対策 暴落しても動じない心構え 今後の投資手法

仮想通貨投資家の皆さんこんにちは。
仮想通貨クラウド ナビゲーターのあおいです。

仮想通貨といえば暴落・・・
そんなイメージすらつきつつある今日このごろです。
大きく稼ぐことが可能な反面、暴落のリスクというのはいつもつきまとってきます。
こればかりは、上手く付き合っていく他ありません。
では、なぜ暴落や高騰が起こったりするのでしょうか?
暴落しても大丈夫なようにするには、どう対策をすべきなのでしょうか?
今回は暴落に怯えない仮想通貨投資マインドについて解説します。

暴落・高騰の原因

投資においては、投資家の感情というのは相場に大きく影響します。
株でも、FXでもそうですが、投資対象の商品に対して不安になるようなニュースなどがあれば、相場は大きく変動することがあります。
例えばある会社の不祥事のニュースが流れれば、その会社の株価は暴落することもあります。

しかし、仮想通貨においては株やFXとは全く違った側面があると、当チャンネル投資チームでは考えています。
それは、富の一極集中が起きている可能性です。
仮想通貨投資家人口は株やFX、不動産に比べれば圧倒的に少なく、世の中的な認知度もまだまだ高くありません。
仮想通貨といえばBitcoinと言われるほど、Bitcoinの仮想通貨全体に与える影響力はまだまだ大きく、中長期的に見ればどのアルトコインのチャートも、おおまかにはBitcoinと同じ様なチャートの形になっています。
つまり、Bitcoinが下がれば他のアルトコインも引きずられて下がる、というようなことが現実に起きています。
Bitcoin保有者の内訳として、初期の初期に投資をしている一握りの人たちがその大部分を保有しトレードしている可能性があります。
いわゆるBitcoin長者と呼ばれる人たちですね。
つまり、多くない人数のひとたちが大量のBitcoinを保有しており、巨額な単位で売ったり買ったりを行うことで相場が大きく動いている可能性があるということです。
当チャンネルの分析チームで解析した結論のひとつです。

では、これに対して一般投資家はどのように対応したらいいのでしょうか?

まずできるリスクヘッジとしては、分散投資というのが挙げられます。
チャートがBitcoinに引っ張られるとはいえ、すべてのアルトコインのチャートが完全に同じ動きをするわけではありません。
上がり方・落ち方がゆるやかな通貨もあれば急激な通貨もあります。
これはコインの発行量等により変わってきます。
もし、投資資金が100万円あったとするならば、一点集中買いをするのではなく、10万円ずつ10通貨に投資することをオススメします。
こうすることで、ホールドしている間のリスクを最低限に抑えることができるからです。
さらにいえば、ある通貨が上昇の気配を見せたらそのタイミングでその通貨に交換するという柔軟な動きも仮想通貨の場合は取りやすいです。
時流から言っても、仮想通貨そのものがダメになるという可能性はほぼないと思いますから、全体が値を下げてしまっても、しばらくしたら持ち直す可能性の方が高いです。

投資家の習慣の改革

これは以前にも当チャンネルで触れたことのある内容です。
円からアルトコインに交換する流れの中で、
「とりあえずBitcoinに交換」をやめる、ということです。
日本の取引所で円から交換可能な通貨はビットコイン以外にもたくさんあります。
当チャンネルとしては、アルトコインがそれぞれの独自性と健全なチャートを維持するためにも、資金の流入先はある程度分散されるべきと考えています。
これを多くの人がこころがけ、取り組むことでビットコインが暴落してもアルトコインは暴落しないという、健全な市場が出来上がります。
もちろん、相対的なものですからある程度は引きずられますが、今ほど芋づる式に暴落ということはなくなることでしょう。

いかがだったでしょうか?
今回は暴落に左右されない投資マインドに関してご説明しました。
あなたの仮想通貨ライフの参考になれば幸いです。